事業内容

~100年後も存続している会社を目指して~

ダイハツの軽三輪「ミゼット」が爆発的に売れていた昭和33年、青木桂一が個人経営で始めたミゼットの陸送業が現在の株式会社マルノウチの礎となっております。創業後は高度経済成長やオイルショック、いざなぎ景気、バブル経済「失われた10年」、リーマンショックなど、幾多の経済の荒波に揉まれつつも飲み込まれず、現在まで50余年の長きにわたり堅実経営を続けております。
それには創業者、青木桂一の「つぶれるなら最後につぶれる会社、すなわち体質の強い会社」、「みんなが安心して働けて、誇りの持てる会社」「人にやさしく、社会に貢献できる会社」という企業像を追い求めた結果であり、その精神は2代目社長の青木信幸にも引き継がれております。

会社案内動画


積載運輸事業部(トランスポートサービス)

積載運輸事業部

当社設立時から続くトランスポートサービスは、関東、中部、近畿、関西、東北に8カ所の拠点をもち、車両数145両、乗務員数220余名で新車、中古車のキャリアカー輸送を手がけており、業界でもトップクラスの規模と歴史を誇る事業となっております。
平成15年1月からデジタルタコグラフを全車に導入し、安全運転と省エネ運転を実践し環境に配慮した運行に努めております。
中古車の輸送業務を自走及び構内作業員140余名で手がけていることから、オークション会場の管理業務を委託され、現在は東京、横浜、埼玉、群馬のオークション会場内の出品車の管理業務も行っております。

詳細

MDS事業部(マルノウチ・ドライバーズ・サービス)

MDS事業部

MDS事業部(マルノウチ・ドライバーズ・サービス)は、事業の多角化と優秀な運転技術を持つキャリアカードライバーの高齢化に対応する受け皿として、企業や学校などが使用する役員車、送迎用バスなどの運行管理を受託する業務として昭和60年9月に事業を開始しました。
当初の目的である「キャリアカードライバー高齢化の受け皿」だけではなく、今では当社の事業3本柱のひとつとして顧客先100余社、ドライバー290余名を擁するまでに成長しております。平成13年度からは官公庁の公用車の業務を多数受託しております。

詳細

物流サービス事業部

物流サービス事業部

物流サービス事業部はMDS事業部の一部門としてスタートし、東京都及び近隣3県を担当エリアとして、街中やオフィスビルなどに設置されている清涼飲料水の自動販売機へのオペレーション業務を受託しております。
顧客先には清涼飲料水で有名なベンダー様各社が名を連ね、従業員400余名で自動販売機オペレーション業務に携わっております。
今では、清涼飲料水だけではなく、酒類やLPガスなどの配送にも業務を拡大しております。

詳細

海外展開(タイ)

海外事業

2010(平成22)年6月 タイ国に
『TT MARUNOUCHI(THAILAND),.CO.LTD』
を設立

当初日本人3名、現地採用のタイ人9名、キャリアカー2両で積載事業(トランスポートサービス)をスタートしました。
2013(平成25)年6月には、DS事業(ドライバーサービス)を新設しました。
現在積載事業(トランスポートサービス)は、
従業員(乗務員)130余名、キャリアカーも70両に
至りました。DS事業(ドライバーサービス)も
従業員(乗務員)150余名に至っております。
今後ますます拡大し、他国での新会社設立
も視野に入れ事業展開をしております。

詳細【海外展開(タイ)】 詳細【積載事業(トランスポートサービス)】 詳細【DS事業(ドライバーサービス)】

ページトップ